気になるほくろ悩みを解消する秘訣【仕上がりをとても重要視】

どのぐらいで治療できるか

女医

ほくろが気になったら、早めにクリニックに相談してカウンセリングしてもらいましょう。適切な除去方法を選択し、除去後には医師からのアドバイスを正確に守るようにしましょう。傷跡が残らないよう、細かく気をつけていくことが大切です。

詳しく見る

審美的な問題を解決

女性

ほくろが邪魔な場合は取るのも一案です。大きい場合はレーザーだと痕が残りやすいので、メスによる切除が適します。いずれにしても施術に慣れた医師に任せたいところです。患者数の多いクリニックや、傷跡に配慮して縫合する美容整形外科などを選びます。

詳しく見る

気になる場合は除去

医者と看護師

ほくろは悪性のものではありませんが、顔など目立つところにあるとどうしても気になってしまいます。除去をしたいと考えているのであれば、美容皮膚科など専門のクリニックを受診して、自分に合う方法で施術を受けると良いです。

詳しく見る

時間のかからない施術です

看護師

ほくろを除去する施術は美容整形で行われていて、いくつかの方法があります。メスを使いたくない人は、レーザーを当てて取り除くことも可能です。数分程度で施術は完了するので、時間が無い人でも気軽に受けられる美容施術です。

詳しく見る

治療実績の高さ

鏡を見る女性

施術のクオリティ

顔に気になるほくろがあった時、切除を考える人は多いです。例えば大きなほくろがあると、目がいってしまい第一印象に大きく影響します。ほくろの切除に美容整形外科クリニックを選択する人は多くなっています。その理由として、美容整形外科クリニックでの施術は仕上がりをとても重要視している点にあります。切除方法はいくつかあります。ほくろの大きさや数、状態などに合わせて適切な切除方法を選択します。クリニックを選ぶ時に、一般の皮膚科という選択肢もありますが、基本的には保険適用外の治療になることも多く、費用面としても美容整形外科クリニックがとても高いという訳ではありません。それでいて、治療実績も多く仕上がりに期待出来ます。また短時間での治療が可能で、小さなものでは30分以内の施術で完了します。メスを使う施術に抵抗感のある人でもメスを使わないで切除可能な方法がありますので、医師とまずは相談です。炭酸ガスレーザーを使用してほくろを切除する方法がよく取り入れられています。皮膚へのダメージも少なく、傷跡も残りづらいので、安心して治療を受けることが出来ます。治療に対しての痛みはほとんどありませんが、痛みは個人差がありますので、不安な場合は医師と相談しておくと安心です。ほくろの切除を行いたい場合は、施術を受ける時期を選ぶと安心です。急ぎでない場合、自分のペースで治療を受けることが出来ます。計画的な通院は体への負担を減らすだけでなく、術後のアフターケアも万全にすることが出来ます。切除後1か月から3か月は日焼けを避けます。治療直後は多少のお肌ダメージがあります。また術後2日程度メイクが出来なかったり、入浴に制限がかかる場合がありますので、暑い時期の切除はタイミングを見て行うと安心です。多くの場合、簡単な施術法で切除可能ですが、大きなほくろの場合、くり抜く施術が行われることがあります。この場合は、傷の回復まで少々時間がかかります。長期休暇を利用して切除を受けたり、暑い時期を避けるなど、工夫をすると負担を感じずに施術を受けることが出来ます。施術方法によって費用も異なります。また施術によっては麻酔が必要になります。どのような施術が選ばれるかは、担当する医師によって異なる場合があります。初めて受診した際にはカウンセリングを受けますので、どのような方法がベストか担当医師と一緒に決めていきます。気を付ける点として、ほくろは再発することがあります。せっかく切除してもまた出来てしまうこともあります。その為クリニックによっては一年間保証がつけられる場合もあります。

Copyright© 2018 気になるほくろ悩みを解消する秘訣【仕上がりをとても重要視】 All Rights Reserved.