気になるほくろ悩みを解消する秘訣【仕上がりをとても重要視】

審美的な問題を解決

女性

邪魔な存在を消す

ほくろは加齢とともに増えることもありますし、いぼやシミが増えたことで、これまであったものまで目立ち、邪魔な存在になることもあります。特に女性はつるりとしたトラブルのない肌に憧れる人は多く、取りたい気持ちに駆られる人は少なくありません。男性であっても顔の中心部にある大きなほくろは人の目を引くので、気になる人もいるでしょう。ほくろの除去はクリニックで行っており、以前から様々な治療方法が用意されていました。ただ、除去する人が増えてきたのは、レーザー機器の発達による影響だと考えられます。レーザーは焼灼したり蒸散させたりして細胞をなくします。施術後に色素沈着など、痕が残る可能性はあるものの、それを考慮しても安全で簡単な方法です。気軽に受けられる施術として人気を得ています。それから、触っているうちに自然に取れてしまうこともあると言われていますが、無理やり取ることは推奨されていません。また、自然に取れたとしても、ほくろの細胞が残っている場合は再び表れてきます。それから、ほくろに似た皮膚ガンもあるので、注意が必要です。特に急激に大きくなった場合などは、皮膚ガンの疑いが否定できないため、刺激を与えるようなことは避けて皮膚科に急ぎます。異常のないほくろの除去は、皮膚科で行えます。しかし、自費診療となるため、一般皮膚科よりも美容皮膚科で行っていることが多く、さらに美容皮膚科は美容整形外科クリニックに併設していることも多いです。ほくろの除去に使われるレーザーは、炭水ガスレーザーが一般的です。水分の多い病変部に働きかけるという特徴を持つレーザーで、組織が完全になくなるまで照射できれば再発しません。ただし、大きいほくろにレーザーを照射すると、欠損部が大きいために治癒に時間を要し、ケロイドになったり凹みが残ったりします。そのため、メスでくり抜き、縫い縮める切除法が選ばれます。どの方法にしても特段の技術を要する大手術とはならないものの、手馴れている医師がいるクリニックを選びたいところです。レーザーにはセンサーが付いているので操作は難しくないと言われますが、やはり手の感覚は大切です。また、しっかりと細胞が取り除けたか、目視して施術する必要もあります。切除法にしても、細胞が大きいだけ切開面積も大きくなり、縫い痕が残る可能性が高くなります。見た目をきれいに治すために真皮で縫合する形成外科や美容整形外科なら、より安心して施術を受けられるのではないでしょうか。

Copyright© 2018 気になるほくろ悩みを解消する秘訣【仕上がりをとても重要視】 All Rights Reserved.