気になるほくろ悩みを解消する秘訣【仕上がりをとても重要視】

どのぐらいで治療できるか

女医

時期を確認しよう

ほくろが、だんだん盛り上がってきて気になっている。前よりもずいぶん大きくなったり、数か増えている。そんな変化に気がついた場合は、早めにクリニックに診療してもらうのが安心です。ほくろには、良性のものと、メラノーマと言って悪性のものがあります。今あるほくろが、良性のものであればいいのですが、悪性のものの場合には、早期に、また適切に除去する必要があります。出血やじくじくしているような状態である場合には、早急に処置してもらえるような大きな病院で見てもらうのがおすすめです。良性で、小さなもの、深さが深くないものであれば、非常に簡単に取ることが可能です。まずは、クリニックに、相談をしてみることから始めましょう。予約をとってカウンセリングをすることで、施術方法を提示してもらえます。また、その際に、どのくらいの時間で施術してもらえるのか。治るまでどのぐらいの時間がかかるのかを確認しましょう。大きなものであれば、切除し縫合することもあり、その際には治るまでかなり時間がかかるという可能性もあります。入院もする必要が出てくる場合もあります。通常の生活が遅れるかどうか、はっきり確認しておくことで、その予定も立てやすくなります。もし、回復までに時間がかかる場合には、仕事や学業に負荷がかからないかも確認しておきましょう。入院が必要になるような大きいほくろがある場合には、事前に生活に支障がないように様々なことに配慮することが必要です。手術に必要なお金のことや、仕事のやりくりなども早めにしておきましょう。また、日帰りでのほくろ除去のばあいでも、術後に適切な生活を送ることが必要です。たとえば、女性には気になる化粧ですが、ほくろを除去したあとには、なるべく患部に刺激を与えないようにするべきです。そのためにも、なるべく化粧は控えめに。マスクを活用してみるのもおすすめです。また、傷あとが残りにくくするためにも、医師から処置されたものについてはなるべく維持するようにしましょう。見栄えが悪いからと言って、テープで固定されている部分を剥がしてしまうと、あとが残ってしまうことも。できるだけ、丁寧に医師のアドバイスを受け入れることが重要です。さらに、日焼けをすることで傷跡が目立ちやすくなるとも言われています。秋や春でも紫外線がかなりある時も多いので、紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。帽子をかぶったり、日焼け止めを塗るなどして、対策を怠らないよう気をつけるべきです。ほくろを除去した後は、経過をよく観察することも必要です。自分自身でなにかおかしいなと思ったら、すぐに医師に相談してみましょう。

Copyright© 2018 気になるほくろ悩みを解消する秘訣【仕上がりをとても重要視】 All Rights Reserved.