気になるほくろ悩みを解消する秘訣【仕上がりをとても重要視】

時間のかからない施術です

看護師

レーザーなどで治療する

ほくろにはいくつかの種類があり、美容整形に通うことで切除できます。基本的にはメラニン色素が沈着することでほくろが形成されます。メスを使用する切除法や電気を使用して蒸散させる電気凝固法を選べます。一般の病院で保険診療を受けると、何度も通院しなければなりませんが、美容整形ならば1回で治療が完了します。多くのクリニックでは電気凝固法によるほくろ切除の治療が採用されていて、小さいものならばレーザーで取り除けます。複数の治療法が存在しているために、カウンセリングを受けて施術を担当する医者に最適な方法を提案してもらうことで安心できます。切除法や電気凝固法では施術に時間はかかりませんので、数分単位で終わります。痛みを和らげてほくろを切除したい人は、医者に予めそのことを伝えておくと麻酔をしてくれます。治療を行った部分は敏感になっているために、無闇に触らないことが大切です。美容整形でのほくろ切除治療は、翌日からメイクができるので日常生活をすぐに送れます。施術をしてから約1週間後には抜糸をするために、再びクリニックに通います。かさぶたが取れるまでには2週間ほどかかり、3か月から半年ほどの期間をかけて治療した部位の症状は落ち着いてきます。ほくろは一般的なシミと同じように、紫外線に含まれているメラノサイトが異常を起こしてできます。美容整形でほくろを取り除く治療をしているところは多く、メスを使って切除する方法からレーザー治療まで様々です。簡単に取り除きたい人はレーザー治療を行っているクリニックを探すことが最適で、出血などのリスクもありません。ほくろ切除に使用される医療機器はCO2レーザーで、皮膚に照射することで皮膚の細胞を薄く削ることが可能です。CO2レーザーは盛り上がりのある疾患に使われる機器で、ぼくろの場所にレーザーを照射すれば数日後にはかさぶたができます。かさぶたが形成されてから1週間ほど経過すると、自然に剥がれ落ちますので症状が改善していきます。施術を受けてから完治するまでには数か月がかかりますが、色素沈着が徐々に治まっていきますので、半年ほど経つと目立たない状態になります。1回の施術にかかる時間は5〜10分程度なので、時間が無い人でも問題なくほくろを綺麗にできます。局所麻酔をしてから施術を開始している美容整形がほとんどで、患者にとっては痛みを感じることはありません。治療法の違いによって回復までにかかる期間が異なるために、施術前のカウンセリングで納得できる方法を医者と話し合うことが重要です。

Copyright© 2018 気になるほくろ悩みを解消する秘訣【仕上がりをとても重要視】 All Rights Reserved.